◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年09月06日

水ダイエットの注意点

ダイエット効果を得るために、水ダイエットで日に2〜3リットルの水を摂取しましょう。


水だけを飲むダイエットなので気分転換に違うものを飲むこともできず、堪えきれなくなる人も出てくるでしょう。


最初のうちは味のない飲料が辛いかもしれませんが、慣れると逆にジュースやコーヒーなどの味が濃すぎるように思えてきます。不慣れなうちは、大量の水を飲むこと自体が苦行かもしれません。


水を摂りすぎると血液の濃度がある程度薄まるので、水を飲まないように脳が警戒信号を出す人もいるそうです。ダイエットだからと無理をして水を飲みすぎると胃腸の具合が逆に悪くなる人もいます。


水ダイエットを継続するためにも、水の摂取過多で食事ができなくなり、体力が大幅に落ちたりすることがないようにしましょう。


もう飲みたくないという状況になってしまった時は、1日に絶対に2リットルを飲まなければ駄目だと考えず、いつもより多めに飲もうとすることで、過度のストレスを回避することができます。


ダイエットのために水を飲むならば、尿の色が薄まって淡いイエローになる量の水が目安になるでしょう。逆に、おしっこの色が濃い黄色なら、もっと水を飲んでください。


ごく自然に水を摂取できるような環境を作るには、ペットボトルか大きなコップを用意して飲み水を入れておき、いつでも飲める体制を整えておくことです。


気が進まない時に無理に飲もうとせずとも、喉が渇くと何となく水を飲むようになり、いつの間にか結構な量が飲めます。
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 22:01| 水>水ダイエットの注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。