◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年06月25日

炭水化物ダイエットの危険

炭水化物ダイエット危険について調べてみました。


最近良く聞くダイエット方法はいろいろありますが、話題ダイエット
のひとつに炭水化物ダイエットがあります。

その話題のダイエット炭水化物ダイエット方法は、おパン絶つ
ことです。

体に貯蓄された皮下脂肪を消費させるダイエットです。


ここに危険が潜んでいるのをご存知ですか?

パンを一切食べないという炭水化物を極端にカットする方法は、
生活習慣病原因となってしまうのです。
いいと思ってやっていることが、病気の原因になってしまうことは、非常に怖いこと
です。

日本以外でも炭水化物ダイエットはあるようです。

アメリカではアトキンスダイエットとして、炭水化物カットする
ダイエット方法があり、多くの成功例が報告されています。


炭水化物ダイエットは、インシュリン効果があり血糖値の上昇を抑えるようです。

アメリカでのアトキンスダイエット糖尿病食アレンジとも言われています。
アトキンスダイエットには、糖質カットする効果があるのですが、
脳になくてはならない栄養素で、これをカットすることによって、
違和感や偏頭痛を訴える人が多いのです。

炭水化物ダイエットによる反動動物性食品を過敏に摂取することになり、
生活習慣病を招きやすくなる傾向があるのです。


日本人の場合は、便秘リスクも高めることになります。
その理由は日本人の腸の長さに関係するようです。
さらに、日本人にとって炭水化物を絶つことはなかなか困難です。

類などを好んで食する傾向があるので、炭水化物ダイエット
長期続けるのを難しくしています。
これらのことから、炭水化物ダイエット短期体重を落とすには確かに
効果的ですが、後々の健康面の事を考えて行えない点でリスクが高いといえます。

やはりバランスが良い食事を取りながら行なうダイエットの方が、
日本人には向いているのではないのでしょうか。

どうしても、炭水化物ダイエット挑戦したい方は、パンではなく、
スパゲッティを食べてみてください。
以前、私がスローダイエットという本を読んで試してみましたが、スパゲッティ
ダイエットするにはいいと書いてあり、成功しました。

健康的にかつ美しく痩せるには、炭水化物はなくてはならない食品なんですね。


25歳からはじめるスローダイエット




健康ダイエット・美容ダイエット
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 12:21| ダイエット>炭水化物ダイエットの危険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。