◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年06月27日

豆乳のダイエットクッキー

豆乳ダイエットクッキーは、最近話題になっているおから
ダイエットクッキーと同じ種類のクッキーです。

いま人気の豆乳ダイエットクッキーメリットについてまと
めてみました。

どちらのクッキーも同じ大豆から生まれてくるクッキーなのです。
この原料となっている豆乳ですが、大豆タンパクイソフラボン
という成分がはいっています。

どちらもダイエット系のショップでよく聞く言葉です。

大豆に含まれる良質のタンパクを食べた時に、脂肪を排出すると
ころがこの大豆タンパクメリットのひとつです。
大豆タンパク脂肪の吸収を抑えてくれるのです。

豆乳にふくまれる栄養素のひとつである大豆タンパクですが、
この脂肪の排出を促進してくれる点がダイエットクッキー
使われる理由なのです。

さらに、大豆タンパクのいい所として、大豆タンパク基礎代謝
を維持する働きがあります。大豆タンパクが体内に摂取されれば、
基礎代謝を維持する働きからエネルギーを燃やしやすい体になれ
るので、豆乳を取るメリットは十分にあるようですね。

そして、イソフラボンのいい所は、イソフラボンは食欲を抑制
することです。

ダイエット商品によく使われる豆乳ですが、その豆乳の代表的な
成分であるイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをする
ことで知られています。

この女性ホルモンが減少してくると、食欲抑制機能が働きにくく
なるので、中年以降の女性に急に食べる量が増えて太りだすとい
う傾向がみられるのです。だから40代になるとそれまでは、食べても太らない体
だったのが、普通の食事だけでもお腹などに脂肪がついてくるんですね。

たとえば、人口的に更年期障害にしたメスのラットを使った実験で、
エサにイソフラボンを加えたラットは、食欲に変化がなかったようです。
エサにイソフラボンを加えていないラットの場合は、急に食べる量が
増えて太り始めたそうです。

このラットの話をよんで、私には納得する点があるような気がして
きました。
私も実は2、3年前からラットと同じ状態でしたから。
数年前から、食欲があって食べる量が増えていたのです。
そして太りやすい体質になっていました。

なぜ体質が変わってしまったんだろうと思っていたのです。

イソフラボンを摂取することで太りづらい体になると言う訳なんですね。


健康ダイエット・美容ダイエット
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 23:45| 食品>豆乳のダイエットクッキー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。