◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年06月28日

ヒアルロン酸人気の理由

ヒアルロン酸は人気のある美容成分のひとつですが、
その人気の理由は、ヒアルロン酸には高い保湿力があるからです。

その保湿力は驚くべきことに、ヒアルロン酸1gあたり、6,000mlの水分
を保持する力があることです。
つまり少量のヒアルロン酸で、体中のあらゆる部位の水分を保持することが
可能なのです。すばらしいことですね。

実は、悲しいことに年齢とともに減少してしまう傾向があるヒアルロン酸
なので、肌の真皮層に存在する量もだんだんと少なくなっていくのです。

いつまでもうるおいのある美しい肌を保つためには、普段からこの
ヒアルロン酸を意識して摂取することが必要不可欠なのです。

最大の理由は、ヒアルロン酸代謝が非常に早いものであることがあげら
れます。この代謝に関して、他の美容成分としても有名なコラーゲンと比較
してみましょう。

コラーゲンを摂取してから、約6ヵ月くらい経過すると、だいたい約50%
程度に消耗されて減ってしまうと言われています。
逆に、コラーゲンと比べてヒアルロン酸の場合は、消耗が非常に早くて
1〜2週間でなくなってしまうようです。

特にヒアルロン酸の場合は、表皮に限定して比較してみると、たったの
24時間で約半分が消耗されてしまい、2〜3日で完全に新しいものに
入れ替わってしまうのです。

このようにヒアルロン酸の場合は、長期間に渡って長持ちするコラーゲン
に対して、短期間で消耗してしまうのが難点です。
ですからヒアルロン酸はこまめに摂取することが必要となってきます。

栄養バランスのとれた食事をとっていれば体内で合成できるコラーゲン
に対し、ヒアルロン酸は体内での合成ができません。

必然的に、出来ないとなると外から摂取する必要があります。

健康ダイエット・美容ダイエット
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 00:38| ヒアルロン酸>ヒアルロン酸人気の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。