◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年08月05日

下半身太りの原因を知りダイエットに取り組む

なぜ下半身は太りやすくてダイエットが難しいのでしょうか。


考えられる下半身太りの原因のひとつは、脂肪細胞の数ではないでしょうか。
脂肪細胞とは全身にある細胞で、簡単に説明すると、脂肪を蓄える袋のことです。
脂肪細胞に体に入った脂肪は蓄えられる仕組みです。

脂肪細胞の数は人によって違いがあり、脂肪細胞の数が増える時期は、
母親の胎内にいる時と産まれて一年までの間、そして思春期とされています。
いったん作られてしまった脂肪細胞はたとえダイエットをしても減らすことは不可能です。


パンパンに膨らむほど脂肪を脂肪細胞に蓄積してしまうと体は太くなり、
脂肪細胞に脂肪を蓄えないようにダイエットをして、小さな袋の状態にできれば体は細くなるのです。


上半身と下半身を比較してみると、この脂肪細胞は全身にあるとはいっても下半身の方
により多くの脂肪細胞が存在することがわかっています。

なぜ下半身により多くの脂肪細胞が存在するのか、はっきりと分っていません。


下半身太りが特に女性に多く見られることから考えると、子宮という大切な臓器と、
そこに宿る命を守るために、下半身に脂肪細胞を多く存在させているのではないかと
いうことが言われています。


また、出産による骨盤の開きや歪みなども下半身太りの原因として挙げられます。
下半身太りを解消するには、脂肪を蓄えないようにするダイエットと、骨盤や骨格などを
矯正するダイエットをすることが必要なようです。



安定感!固定力抜群!歪んだ骨盤をすっきり直して楽になろう!下半身太りやO脚にも効果アリ!骨盤矯正ベルト






親指にはめるだけ!たるんだ下腹・下半身太りを直撃!【改善】ゲルマニウムパワーシェイプリング





健康ダイエット・美容ダイエット
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 20:52| 下半身>下半身太りの原因を知りダイエットに取り組む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。