◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年08月30日

ダイエットエクササイズの裏技

ダイエットエクササイズを始める限り、なんとかその効果が出てきたことを実感したいと誰もが願うことでしょう。


そこで、ダイエットエクササイズの裏技といえる方法を紹介します。ダイエットエクササイズの前後に飲む飲み物に、その裏技の鍵があるのです。


ダイエットエクササイズをする場合、その最中には水分を補給することと思いますが、そのエクササイズの前に飲むことで、代謝が上がるという飲み物があるのです。


代謝を上げる効果がある飲み物は、カフェインを含んでいるコーヒーや紅茶、緑茶などです。


ダイエットエクササイズを始める前にカフェインを摂ると、交感神経が刺激されて、体の中の脂肪が分解しやすくなるといわれています。


また生姜にも体温を上昇させる力があることから代謝を上げることができ、この生姜が加わった生姜紅茶はさらに代謝をアップするでしょう。


ダイエットエクササイズ終了後に飲みたいものが、アミノ酸やプロテインの入った飲み物です。





しっかりとエクササイズをして筋肉を刺激した後は、すみやかに栄養を与えてあげる事がポイントです。


アミノ酸やプロテインは体にとってとても便利な栄養補助食品で、筋肉を作り上げるほかにも皮膚や爪、髪の毛などからだの大切な組織を作るのに必要なたんぱく質を吸収しやすくしてくれるもので、プロテインイコール筋肉のみという発想を持つのは、間違っているのです。


たんぱく質ならば肉類などにも多く含まれているからと、エクササイズ後に肉類をたっぷり食べてしまうと、同時に脂肪も取ってしまうことになるので、ダイエットの場合は適していません。


ダイエットエクササイズに関する知識をしっかり入手して、健康的にエクササイズしてダイエットを始めてみるといいでしょう。

posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 23:37| エクササイズ>ダイエットエクササイズの裏技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。