◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年09月06日

ダイエットジムとは

元々、ダイエットという単語が日本に来た時は食餌制限という意味でしたが、現在では減量・摂生のこともダイエットと呼称します。


ダイエットによって体重を減らそうと無理を重ねると、筋力低下、体力の衰えなどで健康によくない影響が出ます。そして、体に負担のかかるようなダイエットでは、代謝が落ちて脂肪が燃えにくい体になってしまいます。この状態がつづけば、細いのに太っている体、隠れ肥満に変身していきます。


筋肉の減少は美容にも大敵で、便秘、肩こり、冷え性を起こし体調不良となります。1週間で3キロのダイエットに成功したと喜んでいる人が居ますが、これは体の水分が抜けて筋肉が減少しただけで、脂肪はほとんど減っていないのです。


体重が少なくなったからといって、必ずしも脂肪が減ったわけではなく、早合点しているだけということもあります。女性が1日で食べる食事の量は1500kcal程度ですが、1キロ分の脂肪に置き換えると9000kcalで5〜6倍に相当します。


無理なダイエットをせずにジムの運動で計画的にエネルギー消費をする方法があります。無理なダイエットにならないように気を配りながらも、効果的に体重を落としていくプランを組んで実行できる施設がダイエットジムといえます。


食事の量を変えずに、1週間に2回、1時間のジムでの運動を取り入れた場合、初心者でも約400キロカロリーを消費します。年間では38400キロカロリー、約4キロの脂肪が減る計算になります。


ダイエットジムは計画的に継続するのが成功のポイントです。
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 20:52| ジム>ダイエットジムとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。