◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年09月06日

筋肉意識でおなかダイエット

一般的な腹筋運動だけでなく、日々の体の動きの中にさりげなく取り入れることで効果的に腹筋を鍛えることができます。


まっすぐ立つことは毎日どこかで行う姿勢です。何かを待っている時や移動中は立っていることが多いのではないでしょうか。


日常習慣では、立っている時はいつもおなかの筋肉に力をこめるようにします。下腹部に力をいれることでプロポーションも矯正されますし、これまで感じていなかった腹筋をイメージすることでシェイプアップ効果を狙えます。


体を曲げる時に使う腹筋を佇立姿勢でも鍛えることによって、体全体のバランスがよくなり、理想的なくびれのあるお腹を自分のものにすることができるでしょう。


また、腹筋に力を入れて背筋を正しながら立つことで、全体的な印象をぐっと若く見せることができます。逆に背をまるめていたのでは、実年齢より老けて見えることが多いようです。


腹周りの筋肉を鍛えることが腹筋ダイエットの要ですので、腹に肉がつきやすい女性達にぴったりの方法です。女性の下腹部には卵巣や子宮などの大事な部位があり、脂肪で守っているわけですが、筋肉が弱いままでは脂肪がサポートできずにたるみが出てしまい、腹の出っ張りの元になります。


毎晩、寝る時間の前に数分の時間を作り、腹筋ダイエットを毎日継続して行うことによって、くびれたお腹を目指していきましょう。


天井の見える姿勢でまっすぐ寝て、膝を胸まで引き上げ、それから静かに戻すという動きを10度繰り返します。下腹に力が入っていることを意識して行うことがポイントです。


この簡単な腹筋ダイエット運動は、朝目覚めてから行えば体があたたまり、ダイエット効果以外にも体のウォーミングアップにもなります。
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 21:06| おなか>筋肉意識でおなかダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。