◆「ダイエット」の定義 ◆


英語のdietは、食物、(日常的な)食事、餌という意味である。特にdiet controldiet therapyの略語として、食餌療法のための「規定食」を指す。従って「糖尿病予防のためのダイエット」、「高血圧治療の一つとしてダイエットをする」というように使用するのが、元の意味からすれば正しい。

日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット減量摂生」という意味で誤用され、元々の意味とは乖離した和製英語と化している傾向にある。

なお、百科事典という性質上、この項では「食餌療法」について記載する。


フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』より引用

2008年09月06日

プロテインダイエットと有酸素運動

スムーズなダイエットを進めるためには、プロテインの摂取と平行して適切な運動でエネルギーを消費しましょう。


脂肪を効率的に燃やすには、一定時間以上の有酸素運動をする必要があります。酸素を普段よりも多く取り込みながら行う運動が有酸素運動で、ダイエット向きの運動方法です。


有酸素運動を行うことによって、血液中に漂っている脂肪を酸素で燃やすことができます。使われなかった血液中の脂肪は体内に体脂肪として蓄えられてしまいます。血の中にいる脂質が体脂肪となる前に、有酸素運動を行うことで効率的に酸素と脂質をくっつけて消費を促します。


ですからプロテインダイエットではアミノ酸を摂取して脂肪を分解しやすい状態にすると同時にこの有酸素運動を行うことでより高いダイエット効果が得られるのです。


有酸素運動は長時間続けていられる程の運動であり、息切れを起こすような過度な運動では酸素がうまく入りません。脂肪を燃やすため、酸素を取り込む運動をしてください。


毎日15分くらいのトレーニングから初めて、少しずつ長くしていっても効果はあります。


ダイエット効果が期待できる有酸素運動は、ジョギングやウォーキング、水泳などです。家の中で行いたい場合は、スクワットやエアロビクスがいいでしょう。


プロテインダイエットは、とにかくプロテインの摂取だけではなく運動の持続が大切ですので、自分で毎日続けられる運動を見つけることが重要です。ダイエットを成功させるために、有酸素運動やプロテインの正しい知識を身につけて上手に行いましょう。
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 21:37| プロテイン>プロテインダイエットと有酸素運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロテインダイエットの効果

プロテインダイエットというダイエット方法があります。この方法は、プロテインを食べながら運動を続けて脂肪を燃やすというものです。


プロテインダイエットは長く続けてこそ効果のある、続けなければ結果が出ない方法なので、難しいダイエットかもしれません。


どのような仕組みで、プロテインダイエットは減量効果をもたしているのでしょう。プロテインとはタンパク質のことで、プロテインを摂取するということはタンパク質とアミノ酸を摂取することですが、これが痩せる成分というわけではありません。


身体の基本構造と機能をつくり、身体の働きをコントロールする重要な栄養素を補うことができるというメリットがあります。


プロテインダイエットに欠かせないこのプロテインにはダイエット効果だけではありません。筋力の向上、持久力の向上、免疫力の向上、集中力の維持、疲労回復などの効果があります。


プロテインを摂取せず、普段の食生活の中で食べるタンパク質でプロテインの同等の効果を期待するためには、摂取エネルギー量が超過するほど食べなければならないでしょう。


プロテインを摂取しながら食習慣を見直すことによって、プロテインダイエットではバランスよく栄養を取り入れながらも食事をコントロールすることが可能です。


ダイエットをしようと無理な食事制限をするとついつい栄養不足になってしまうことがあります。必要な栄養を維持しながらダイエットができるよう、プロテインを活用するのです。


運動とプロテインの相乗効果でダイエットを行えば、リバウンドのリスクを犯さず減量に専念できます。
posted by 健康ダイエット・美容ダイエット at 21:34| プロテイン>プロテインダイエットの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。